崖っぷちからの脱出!

30代フリーターが就職するには

未分類

DYM就職なら30代でも就職支援が受けられる

更新日:

本格的に就職活動をしたいと考えたら、すぐに動き出すことをおすすめします。
もちろん、仕事のできる・できないといったことに関しては、年齢や学歴は関係ありません。

しかし、就業するための「面接」については、残念ながら実年齢が若ければ若いほど受かりやすいという事実があるのです。
就活をする側から見ると、年齢という変えられない部分を重要視するなんて理不尽だ、と思う方もいるかもしれませんが、企業側から見ると、実年齢というのは学歴や経験以上に重要視されています。

30代が就職支援を受けられる場所は少ない

就活をするときによく言われるのが、「29歳と34歳には壁がある」というセリフです。

就活支援サイトや求人広告の募集要項をよく見ると、未経験可と書いてあっても「29歳まで」「34歳まで」など年齢についての条件が書かれていることが少なくありません。その年齢を過ぎると、「経験年数○年以上」など、急に条件が厳しくなることも多いです。

日本企業は、「若手」といわれる部類の人間に対して経験をそもそも期待しておらず、逆に「若い人を育てて行こう」という目線から採用を行う場合が多々あります。
そのために、まだ育てがいのありそうな実年齢の若い人を好む傾向があるのです。

しかし、年齢が上がってくると、企業側の態度や期待値も上がってきます。要は、「即戦力としてどれくらい会社に貢献できるのか」という点がキーなのです。そういったことから、29歳までは20代ということで未経験でもポテンシャルを見て採用することはありますが、30歳を過ぎてしまうと急にそれなりの経験や、マネジメント能力などが求められてくるので、それまでに培った経験や資格がないと就職が難しくなってしまいます。

また、企業にとって大切な給与面でも、20代と30代では変わってきます。まだ経験の浅い20代の時は、最初は少ない給料で、経験や勤続年数と比例して給料を上げていき、給与と釣り合う働きをしてもらうというシステムに組み込むことが可能です。しかし、30代をすぎてある程度年齢を重ねた人に新卒と同じ給料で働いてもらうことはできません。必然的にオファーする給料も高くなってくるため、その給料に見合うだけの利益を会社に持ってきてもらう必要が生じてきます。そういった面でも、やはり30代の就活は20代の時と比べてハードルが高いと言えるでしょう。

DYM就職なら30代でも就職支援を受けられる

一方で、DYM就職は、30代でも第二新卒・未経験枠で就活ができる就職支援サービスです。
就職支援系エージェントは大抵20代までなのですが、DYM就職は30代もサポートしてくれる非常に珍しいエージェント。
経験値に自信がない30代には大変おすすめのサービスです。

しかも、その企業がどんな人材を求めているのかのヒアリングと利用者のサポートを重視しているので、書類選考なしで面接に進めます。30代は微妙な時期です。前半はまだ若年層としてフレッシュなポテンシャルが求められるので、30代後半になる前に就職してきちんと経験を積むというキャリアプランを構築しましょう。

DYM就職評判

-未分類

Copyright© 30代フリーターが就職するには , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.