崖っぷちからの脱出!

30代フリーターが就職するには

未分類

30代フリーターが就職支援を受ける方法

更新日:

30代フリーターは将来が心配

仕事のことを考えた時に、どのような環境で働くのか、どのような雇用制度で働くのかは個人の自由です。実際、フリーランスで働く人、副業を抱える人も現代社会では多くみられます。
また、終身雇用という概念ももはや時代遅れで、特に若い世代ではある程度区切りをつけて転職やステップアップをするということが当たり前に行われているのです。

しかし、今の日本の会社システムの中で、ある程度年齢を重ねても就労経験がない、または正社員経験がないということで不安になることは容易に理解できます。
特に、専門性のある職業でない場合、正社員ということで信用が得られるケースは往々にして起こりうることだからです。
また、将来もらえるか分からない年金でも、厚生年金という形で納めていれば、ある程度将来への安心感も得ることができます。

30代に差し掛かると、20代に抱いていた冒険心や若い心は失われ、安定を求めるという心境の変化も多くみられます。

30代の人生のイベントには、たいてい結婚や出産など、今後数十年に渡って負荷がかかるであろうイベントも多く発生しがちです。
そうなると、その長期的な期間、どう安定した収入を得るかというのも大きな課題になってきます。
フリーターではなく、正社員というもっと安定したポジションに転職したいと考えるのも自然です。

普通に求人探すと高確率でブラック企業に

若い人の間では当たり前のように行われている転職活動ですが、実際、一般職の転職活動は当たり外れが大きいです。
特にフリーターやアルバイトとしての経験しかない場合は、実際の就労条件よりも「未経験可」など、「入りやすさ」を重要視しがちですし、労働者をまともに扱う気のないブラック企業は、そういった候補者の弱みに付け込んで、ひどい条件で交渉してくる場合も多々あります。

また、就労条件についても、「正社員」として働いた経験がないと、何が最低条件で、何が当然の権利なのか、といった通常の感覚が身についていません。
そのため、劣悪な条件でも「これが普通なのかも」と勘違いしてしまうこともあるでしょう。ブラック企業に就職してしまった時の最大のデメリットとして、心身ともに消耗してしまうこともありますが、経歴に傷のつく可能性が高まることも挙げられます。

ブラック企業の体制のせいで1年足らずで辞めてしまったとしても、職務経歴書には「会社を短期間でやめた」という事実のみ残ります。今までフリーターとしてやってきて、意を決して正社員になったのに最初から短期間で辞めてしまっては、次の転職活動にも差支えが生じるのです。そういったことをなるべく避けるためにも、正社員になりたいがために行き当たりばったりの就職活動をすることはあまりおすすめしません。

30代にはDYM就職がおすすめ

30代で、きちんと自分のキャリアにつながる就職がしたいと希望している方には、DYM就職という就職支援サービスがおすすめです。
一番の特徴は、書類選考がなしで面接にこぎつけられることです。

書類選考は、特に、人柄やキャリアの希望ではなく学歴や職歴など、今更変えられない部分で判断されるので、候補者にとっては辛いところではないでしょうか。

しかし面接であれば、人柄や会社との雰囲気のマッチング、やる気やポテンシャルなどを採用担当にアピールすることができます。
DYM就職は30代でも20代と同じポテンシャル枠としてサポートしてくれますし、労働者を求めている企業側からのヒアリングもしっかりしているので、職歴だけではなく「この企業に合うか」「このポジションに求められているスキルを持っていそうか」という視点から候補者を見てくれます。

また、サポートもしっかりしているので、就職活動期間のつらい時期も、カウンセラーと二人三脚で走り抜けることができます。

-未分類

Copyright© 30代フリーターが就職するには , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.